HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

法律・会計・労務

ベトナム:中古車の輸入関税、曖昧な価値評価

 中古車輸入解禁から輸入台数は増加傾向にあり、なかには高級車も多く含まれる。だがその関税の算出方法は不明瞭だ。

 最近、高級車ロールスロイス・ファントム2台が、ホーチミン市の港に輸入された。排気量はともに6,749cc、1台は2005年、もう1台は2006年式だった。

 ホーチミン市税関は、ベトナムに初めて輸入された車種で参照する価格がないため、インターネット上で新車価格を調べ、課税対象額を決めた。今回は、2006年式の車両価格が21万6,000ドルで、各種税金の総額は18万3,712ドル、課税後の価格は39万9,712ドルとなった。同様に、2005年式の車両は、課税後価格が36万3,412ドルになった。

 この新車価格はネット上で33万3,350ドルとされており、これに70%の輸入税や特別消費税、付加価値税などを加算すると、価格は90万ドルを超え、中古車と比べ極めて大きい差が出る。

 これについて指摘すると税関担当者は、実際の取引では売買双方が交渉し、公表されている価格よりも安くなるため、ネット上の販売価格からは単純計算できないと話した。

 初めて輸入される車種の価格評価は、インターネット上の新車価格を基本に、交渉や生産国での税金など各種コストとして20%差し引き、そこから1年前に生産された中古車なら10%、2年前なら20%引くという形で行われている。

 また税関内で使用している自動車価格に関する資料も、同一車種でも評価額に差があり統一されていない。この4年間に渡り使われている資料だが、自動車・バイクについてわずかなリストしかなく、追加・修正もされていない。


(Tien Phong)

(2007/10/30 06:35更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事日系企業の財務責任者、9億円を横領して失踪(06/17)
[クローズアップベトナム最新情報 1892号 目次(06/17)
[投資・進出銀行の証券投資向け融資は禁止か、金融法草案で(06/16)
[クローズアップベトナム最新情報 1891号 目次(06/15)
[事件と出来事新型インフル:タミフル備蓄は十分も解熱剤でのすり抜けに不安(06/15)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 法律・会計・労務 > ベトナム:中古車の輸入関税、曖昧な価値評価 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2004 HOTNAM! All rights reserved.